今日の出来事:不耕起栽培提唱の岩沢信夫さん

 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

不耕起栽培提唱の岩沢信夫さん

不耕起栽培提唱の岩沢信夫さん

変換 ~ 045
我が家のガーデンに「バッタさん」が。。

きょうNHKの「人生の歩き方」で「岩沢信夫」さんの「生き物の豊かな田んぼ」と題したTVを観た。
耕さない昔本来のやり方で、不耕起栽培の稲作を提唱して、丈夫な稲を作ることに25年も研究し、それを農家に広めていく活動をしている人を紹介していました。

これまでの稲作は、何回も田んぼを耕しそこに機械で、苗を植えている稲作方法が現在も行われていますが、岩沢さんは、その25年の稲作をつくる過程の中で、何回も冷害でやられた稲を見てきた。。その田んぼの中に冷害にも負けずに頑張っている稲があることにきずき、耕さないで、稲を植えると、稲も丈夫に育つ事を、発見した。その上に、副産物として、信じられない出来事が起きます。それは、田んぼを耕さないために、蛙やめだか、トンボなどが信じられないぐらい、たくさんの昆虫が田んぼの中で、育ち始めたそうだ。環境にも貢献し、おコメ本来の味も格別に美味しい上に、農家の人も耕さない分、楽にできて、自然も戻り、いい事ずくめの稲作作業です。
これから、この農法が取り入れられて、いければいいな~と思いながら、TVを観てました。
しかし、25年間も稲に取り組み、実践されている岩沢さん。。。。。新作の機械も完成したそうです。(この機械をメーカーに頼んでそれが出来上がるまでに6年かかかった)
今この機械を何件かの農家が共同で購入し、不耕起栽培の稲作に挑戦している農家が増えているそうです。日本の稲作が廃れないように祈ります。
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。